TopPage > 生命保険の役割

生命保険の役割

" 生命保険と一言で言っても、いろいろなタイプのものがありますね。
死亡保険金や医療保険(特に、ガンなど三大疾病に特化したものや、一般的に入院・通院に備えるもの)、貯蓄性を兼ね備えたものなど。
実際に加入するのは、被保険者となる方の年齢や家族構成の変化によって、見直しが必要になるでしょう。
 我が家は中年夫婦のため、やはり心配するのは健康についてですね。
ガン保険は、診断確定した段階で給付金、その後入院・手術・通院分が支払われるタイプ。
最初にある程度の保険金が給付されるというのは、助かりますよね。
急に働けなくなると、生活のリズムも予定も激変して不安のどん底に落ちるし、通常、退院してからじゃないと保険金は出ませんから。
 どちらにしても、備えあれば患えなしですが、病気にならないことが一番です。
年一度の人間ドックを欠かさず、何の病気にしても早期発見が大切です。
保険のお世話にならないよう、日頃から気をつけようと思います。
"