TopPage > 仕事で指を切って縫いました

仕事で指を切って縫いました

"学校を卒業して、新卒で入って一年くらいたったころ、職場でケガをしてしまいました。カッターで大きなものを切っていたのですが、自分の人差し指まで切っちゃいました。血が止まらなかったので総務に言いに行きましたら、病院に行かなくちゃということで、外科に連れていってもらいました。そこで二針縫うことに。

実ははじめて縫うほどのケガをしたので、かなりショックでした。あと、仕事はどうなるんだろうとか、申し訳ない気持ちとか。労災で処理してもらいましたが、会社に労災を使わせるとあまり良くないって話も聞きましたので。

その日は手のひら全体を大げさなくらい包帯でグルグル巻きにして帰りましたから、家族もびっくりしてました。でも、翌日からも休まず会社に行きました。

会社では、毎日消毒に行くのを許してもらえ、責められることもなかったので、大変ありがたかったです。仕事は専用キーボードを打つ仕事だたのですが、やってみたら、その指を使わなくても打てることが判明。打つ仕事自体も同僚に肩代わりしてもらえました。

その後は順調に回復し、一週間ぐらいで抜糸できました。"